霊園と墓所のトップ >>  霊園選び > 霊園使用料

霊園使用料

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

霊園使用料とはお墓を建てるための土地の使用料で、一般的には永代使用料(えいたいしようりょう)と呼ばれています。永代とは無期限を意味し、一度支払った後は100年でも1,000年でもお墓を承継し続け、管理費を払い続ける限りお墓を使用することができます。
お墓の使用に期限があったら、将来継承したご子息様が困ってしまいます。また、ご遺骨の埋葬地ということもあって、後の時代に無秩序に開発されないように、尊厳を持って守っていかなければならない理由から、永代使用料となっています。

お墓と不動産

「土地に建てる」という点で不動産のように考えがちですが、通常の不動産と違うのは転売ができないと言うことです。
お持ちのお墓を別の霊園に移すなどして、使わなくなったお墓の区画は、お寺さんや霊園に返却することになり、返金などはありません。

当然、お墓の区画を貸し借りすることはできませんし、用途もお墓としての利用に限られます。これは墓地(霊園など含む)が「墓地、埋葬等に関する法律」により都道府県の知事から許可を受けて、墓地のための区域と指定されているからです。

お墓を購入することは厳密に言えば、土地そのものを所有するのではなく、その土地を墓地として使用する権利を購入することになります。

永代使用と永代供養

永代供養墓がある民間霊園 横浜の六浦霊園

永代供養墓がある霊園
横浜市にある六浦霊園

よく似た言葉ですが、「永代使用」「永代供養」があります。「永代使用」は永遠にお墓を使い続ける権利のことで、「永代供養」は未来に亘り永遠に冥福を祈るということです。
少子化問題によりお墓の継承者が不在の方も増えてきており、永代供養墓と呼ばれる合祀墓に埋葬し、お坊さんなど宗教者によるご供養をお願いすることです。

お墓は家族代々に続くものと考え、引継ぐご子息、ご息女さまが安心して守っていける墓地にあることが大切です。

永代供養墓をお探しの方は
日本霊園サービスへお問い合わせください。

 



カテゴリー:霊園選び   最終更新日:2013年7月3日

「霊園選び」の関連記事

霊園見学 選び方のポイント

霊園・墓所の風景
霊園・墓地をご購入する場合は、資料で比べるだけでなく実際に霊園を見学することが必須となります。それも1箇所だけでなく数箇所回るのが[...]

霊園でお墓を購入するには

霊園・墓所の風景
お墓を建てようと思った時に、まず何から始めたら良いのでしょうか。 墓石の石材やデザインは後からでも決めることができるので、まずは霊[...]

霊園選びと宗教

新柴又中央霊園(寺院霊園-東京都葛飾区)
宗旨、宗派とは、日本の仏教にある教義や信仰対象の違いにより出来た分派であります。一般的に定義されているもので十三宗五十六派あるとさ[...]

交通アクセス

自動車で霊園の中まで、安心のお墓参り
お墓を購入後は、墓参やご法要などで何度も訪れる所ですので、将来お墓を承継するご子息やご親族が訪れやすく、利用しやすい場所にお墓を持[...]

霊園施設

霊園・墓所の風景
通常霊園内には、利用者のニーズに応えるさまざまな施設が整えられています。 お盆やお彼岸などのお墓参りの際に、墓石の掃除や供花の花立[...]