霊園と墓所のトップ >>  霊園選び > 霊園見学 選び方のポイント

霊園見学 選び方のポイント

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

霊園・墓地をご購入する場合は、資料で比べるだけでなく実際に霊園を見学することが必須となります。それも1箇所だけでなく数箇所回るのが良いでしょう。

霊園見学は随時受付けていますので、直接霊園に行っても見学を拒否されることはありませんが、予め電話やインターネットで見学が可能かを問い合わせてみるとよいでしょう。
当然、販売されている区画などの状況も聞いておくことが大切です。
たまにあるのですが、霊園に到着してから販売区画がないことが判明して、骨折り損のくたびれもうけとなることもあります。

1. 交通の便
自分たちだけでなく親類縁者が訪れる事も考えましょう。高速道路のインターからのアクセス、電車・バス等の公共交通機関の便と最寄駅・バス停からの距離。送迎バスの有無など、車の運転をやめられた時の事も想像してみましょう。

2. 立地・環境
ご先祖様が眠るにふさわしい静かでおだやかな霊園でしょうか。
墓所は湿気が大敵なので、水はけの良さや陽あたり、風通しの良さも確認します。
水はけの良さを見るためにあえて雨の日に見学し、通路や区画の中に水溜りがどのように出来るか、ご確認することもおススメします。

また、地形による通路の坂道、長い階段なども確認が必要です。お年を召してからのお墓参りが苦にならない霊園であることが重要です。

また霊園周辺の飲食店など、気軽にお食事が出来るレストランやお気に入りの喫茶店があると、毎回のお墓参りが楽しいものです。

3. 管理体制
霊園に必要な設備として、管理事務所、トイレ、水汲み場、休憩所、法要施設、駐車場が挙げられます。さらに生花や線香を販売する売店やサービスがあると墓参に便利です。
運営や管理の状況を確認するために、常駐係員の有無、植え込みや芝生の手入れ、墓域・参道・施設の清掃が行き届いているか、係員の応対を見るとよいでしょう。

霊園見学の注意点

霊園内は多くの方々が永眠されています。また、法要や葬儀などが営まれている場合もありますので、霊園に到着したら霊園事務所に寄り、見学に来たことを伝えるとスムーズに見学することができます。

お墓を建てた後は、墓参や法要などで施設を利用する機会が増えてきますので、お墓を建てる墓域だけでなく、霊園内の施設や設備も忘れずに確認しましょう。



カテゴリー:霊園選び   最終更新日:2013年9月5日

「霊園選び」の関連記事

霊園でお墓を購入するには

霊園・墓所の風景
お墓を建てようと思った時に、まず何から始めたら良いのでしょうか。 墓石の石材やデザインは後からでも決めることができるので、まずは霊[...]

霊園選びと宗教

新柴又中央霊園(寺院霊園-東京都葛飾区)
宗旨、宗派とは、日本の仏教にある教義や信仰対象の違いにより出来た分派であります。一般的に定義されているもので十三宗五十六派あるとさ[...]

霊園使用料

霊園・墓所の風景
霊園使用料とはお墓を建てるための土地の使用料で、一般的には永代使用料(えいたいしようりょう)と呼ばれています。永代とは無期限を意味[...]

交通アクセス

自動車で霊園の中まで、安心のお墓参り
お墓を購入後は、墓参やご法要などで何度も訪れる所ですので、将来お墓を承継するご子息やご親族が訪れやすく、利用しやすい場所にお墓を持[...]

霊園施設

霊園・墓所の風景
通常霊園内には、利用者のニーズに応えるさまざまな施設が整えられています。 お盆やお彼岸などのお墓参りの際に、墓石の掃除や供花の花立[...]