霊園と墓所のトップ >>  霊園選び > 霊園でお墓を購入するには

霊園でお墓を購入するには

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

お墓を建てようと思った時に、まず何から始めたら良いのでしょうか。
墓石の石材やデザインは後からでも決めることができるので、まずは霊園、墓地を探すことになると思います。
新聞の折込広告にもしばしば、霊園のチラシが入ってきます。怖がらずいくつかの霊園を見学してみて目を肥やし、納得のいく霊園を見つけることが大切です。

お墓を建てるに当たって、ご遺骨の有無は大切な条件となります

ご遺骨の有無
ご遺骨有り ○ 寺院霊園:檀家さんであるか、同じ宗旨、宗派のお寺さんである必要
◎ 公営霊園:ご遺骨有りが応募条件の場合が多い(居住期間の条件もご確認)
◎ 民間霊園:ご遺骨有無に関わらず、檀家さんでなくてもお墓を建てられます
ご遺骨無し ○ 寺院霊園:檀家さんであるか、同じ宗旨、宗派のお寺さんである必要
× 公営霊園:ご遺骨無しだと応募条件に合わない(居住期間の条件もご確認)
◎ 民間霊園:ご遺骨有無に関わらず、檀家さんでなくてもお墓を建てられます

霊園見学のポイント

  • 檀家さんであれば同じ宗旨、宗派の寺院霊園も選択肢に
  • 3つ以上の霊園を見学して交通の便、価格などを比較してみる
  • お墓参りされている方にお話を聞くのも、大切な情報を得ることができる
  • お墓を急いで決めるつもりのない方は公営霊園も選択肢に

例えば、遠方で階段も多いが、大変見晴らしの良い霊園を見つけたとします。
いまは足腰も丈夫で問題がないように思いますが、年齢を重ねるごとにお墓参りが難しくなってこないか、考慮する必要があります。

また、ご購入するお墓を継承するご子息様と一緒に、霊園見学することが重要です。
ご自身とご子息様の生活スタイルが違うと、将来大きな問題になる場合があります。
車が中心の生活をするご自身と、都心で車無しのご子息様。お墓は何世代にも渡り守り続けるものですので、ご子息様の生活環境やお墓参りの利便性も考慮しておくことが大切です。

唯一無二のお墓

お墓は家やマンションなどの不動産の要素もあります。
もちろん賃貸マンションのように簡単に引っ越すこともできませんので、同じお墓はこの世に二つはないのです。その為、霊園の日当たりや景色、交通の便などがとても重要な要素になってくるのです。
特に交通の便については、車だけでなく電車など公共交通機関でのアクセスも含めて、乗車時間や乗り換え、駅のバリアフリーの状態も検討しましょう。

霊園決定から墓石建立、納骨までの流れ

民間霊園にて、お墓を建てるまでの流れです。
※寺院霊園と公営霊園では若干違う手続きも御座います

1、霊園見学、お見積もり
  いくつかの霊園を見学に行ってください。
  民間霊園では墓石店が指定されている場合が多いので、墓石を含めたお見積もり
  をしてもらい比較してみましょう。

2、お墓を建てる霊園が決定
  お墓を引継ぐご子息様と相談し、霊園を決定してください。

3、墓石の石材、デザイン、彫刻を決定
  実際に建てられたお墓を見ながら、納得のいく石材とデザインを決定。

4、墓石の建立
  ご注文した墓石が出来上がり、ご購入の区画に建てられます。

5、法事・法要
  建てたお墓は、お坊さんに開眼法要(入魂式)を行ってもらいます。
  仏教では、開眼法要を行うことでお墓が仏塔となると考えます。

  また既にご遺骨をお持ちの場合は、一緒に納骨式を行えます。



カテゴリー:霊園選び   最終更新日:2013年8月5日

「霊園選び」の関連記事

霊園見学 選び方のポイント

霊園・墓所の風景
霊園・墓地をご購入する場合は、資料で比べるだけでなく実際に霊園を見学することが必須となります。それも1箇所だけでなく数箇所回るのが[...]

霊園選びと宗教

新柴又中央霊園(寺院霊園-東京都葛飾区)
宗旨、宗派とは、日本の仏教にある教義や信仰対象の違いにより出来た分派であります。一般的に定義されているもので十三宗五十六派あるとさ[...]

霊園使用料

霊園・墓所の風景
霊園使用料とはお墓を建てるための土地の使用料で、一般的には永代使用料(えいたいしようりょう)と呼ばれています。永代とは無期限を意味[...]

交通アクセス

自動車で霊園の中まで、安心のお墓参り
お墓を購入後は、墓参やご法要などで何度も訪れる所ですので、将来お墓を承継するご子息やご親族が訪れやすく、利用しやすい場所にお墓を持[...]

霊園施設

霊園・墓所の風景
通常霊園内には、利用者のニーズに応えるさまざまな施設が整えられています。 お盆やお彼岸などのお墓参りの際に、墓石の掃除や供花の花立[...]