霊園と墓所のトップ >>  霊園と墓所の最新情報 > アンパンマン「やなせたかし」さんの決めた墓所

アンパンマン「やなせたかし」さんの決めた墓所、墓石

国内だけでなく海外でも大人気のアンパンマン。その作者やなせたかしさんが週刊新潮の記事になっていましたのでご紹介します。
記事のタイトルは「余命2~3週間は冗談でも・・・」とセンセーショナルではありますが、やなせさんの終活について書かれています。

実は、霊園もお墓も戒名も準備済みとおっしゃるので驚きました。

引用:週刊新潮 7月18日号から
余命2~3週間は冗談でも
アンパンマン「やなせたかし」死に支度

週刊新潮7月18日号から 記事:「やなせたかし」死に支度

週刊新潮7月18日号から
記事:「やなせたかし」死に支度

中略

「確かにこの頃“自分の人生が終わりそうになっているなぁ”と思うことは増えてきたね。耳も目も不自由になってきたし、何より俺も94歳だろ。いつまで生きられるか分からない」
さらに、告白はこれで終わらなかった。「実はもう“死に支度”を始めているんです。墓石も注文したし、位牌も用意して仏壇に置いてある。田舎(高知県)のお寺に頼んで“清浄院殿画誉道嵩大居士”という戒名までつけてもらったんだ。な、準備万端だろ」

引用ここまで

週刊新潮7月18日号週刊新潮
7月18日号(2013年)

1919年生まれの現在94歳のやなせさん、そんなご高齢とは思えない元気ではありますが、やはり最期の時を意識されているようです。
既にお墓を建てる霊園をお育ちになられた高知県に決めているようです。

大変失礼とはおもいますが、墓石がどのような形になるのか、どんな霊園にお墓を建てるのか少し楽しみな気持ちもあります。

生前に霊園やお墓の準備

霊園イメージ

霊園イメージ

やなせたかしさんのように、生前にご自分の霊園やお墓を準備されている方が年々多くなっています。都心部での霊園不足のニュースが、消費行動として生前墓増加に影響しているのかもしれません。最近、民間霊園でお墓を建てる方のおよそ7割の方が、生前墓であるとの調査結果もございます。

公営霊園では、抽選となる場合が多くご遺骨をお持ちの方が優先となります。生前墓となると民間霊園寺院墓地でのご検討となります。

流行語にもなった終活ですが、終活の大きなテーマのひとつは「お墓」です。どんな霊園、墓所にお墓を建てるのか、どんな墓石でどのように供養されたいか、元気なうちに決める必要があるように思います。



カテゴリー:霊園と墓所の最新情報   最終更新日:2013年7月14日

「霊園と墓所の最新情報」の関連記事

霊園探訪:相模原市営峰山霊園は大規模公営霊園

峰山霊園の入口(相模原市)
神奈川県の北部中央に位置する相模原市。東京への通勤の便の良さから人口が増え続け、2010年には神奈川県で3番目となる政令指定都市と[...]

霊園探訪:綾瀬市営の本蓼川墓園は落ち着いた雰囲気

和型墓石が並ぶ墓所に咲くケイト(綾瀬市営本蓼川墓園)
神奈川県のほぼ中央に位置し、海上自衛隊とアメリカ海軍が共用している厚木基地があるのが綾瀬市です。その厚木基地に隣接しているのが、綾[...]

霊園探訪:藤沢市営大庭台墓園は大規模霊園

手桶、水場の一般墓所(藤沢市営大庭台墓園)
首都圏のベッドタウン、相模湾に面し湘南地域の一角を占める藤沢市にある公営霊園をご紹介します。藤沢市は、JR東海道線をはじめ小田急江[...]

霊園探訪:土浦市営今泉第一、第二霊園

土浦市営今泉霊園の水場
茨城県南部の中核都市のひとつである土浦市。豊かな水を湛える霞ヶ浦に面し、牛久沼聖地公苑があるつくば市にも隣接しています。この茨城県[...]

霊園探訪:さいたま・思い出の里市営霊園

芝生墓地から見上げる立体屋内墓地(さいたま・思い出の里市営霊園)
さいたま市には数箇所市営の霊園がありますが、その中でも大規模で積極的に募集をされているのが、さいたま市見沼区にある思い出の里市営霊[...]