霊園と墓所のトップ >>  霊園と墓所の最新情報 > 桜2014霊園探訪:都立染井霊園 ソメイヨシ

桜2014霊園探訪:都立染井霊園 ソメイヨシノ発祥の地

日本人がこよなく愛する桜。その桜の多くがソメイヨシノ桜であることはあまりにも有名です。そのソメイヨシノ桜の発祥の地である染井村、今の豊島区駒込にある都立染井霊園の桜が満開になっていました。

巣鴨にも近い都立染井霊園 2014.4.4撮影(東京都豊島区)

巣鴨にも近い都立染井霊園 2014.4.4撮影(東京都豊島区)

名称  :東京都立 染井霊園(公営霊園)
場所  :東京都豊島区駒込5-5-1
【アクセス】
JR・地下鉄三田線「巣鴨駅」から徒歩10分
JR・地下鉄南北線「駒込駅」から徒歩12分

[おススメ記事・情報] 
染井霊園の施設やお墓使用の条件など 都立染井霊園の詳細
お墓・霊園をお探しの方 東京都立の公営霊園の最新募集情報

ソメイヨシノ桜の発祥の地 都立染井霊園

東京都立の中で一番小規模な霊園が染井霊園です。規模の大きい青山霊園などように、ソメイヨシノの桜並木のトンネルはありませんが、発祥の地として趣きのある桜が多く花を咲かせていました。

都立染井霊園の事務所前のソメイヨシノ 2014.4.4撮影(東京都豊島区)

染井霊園の事務所前 2014.4.4撮影

枝振りが見事な桜 都立染井霊園 2014.4.4撮影(東京都豊島区)

枝振りが見事な桜 染井霊園 2014.4.4撮影




都立染井霊園の花吹雪広場でお花見 2014.4.4撮影(東京都豊島区)

都立染井霊園の花吹雪広場 2014.4.4撮影

染井霊園を彩る満開のソメイヨシノ 2014.4.4撮影(東京都豊島区)

染井霊園の満開のソメイヨシノ 2014.4.4撮影




ソメイヨシノ桜の起源は、江戸時代の染井村(現、東京都豊島区駒込付近)の植木職人によって作られた桜です。当時は、桜の名所である奈良県の吉野桜の名称で植樹されていたそうです。その後、本来の吉野桜と混同を避けるために、その地名を取って「染井吉野桜」の名称に変わり、現代でもソメイヨシノは桜の代名詞、桜の開花や満開の基準木になっていることはあまりにも有名です。

ソメイヨシノ桜はそのほとんどが同じ原木から作られたクローン樹です。すなわち日差しが強まり温度が上がる春を同じように感じ、一斉に開花、満開になるのがソメイヨシノです。日本人はにとって、一斉に咲き誇るソメイヨシノ桜はまさに春を呼ぶお花となりました。

現在、東京都豊島区には染井という町はありません。その名称を現代に残している唯一と言うべき場所が都立染井霊園です。
都立染井霊園には、大樹に育った多くのソメイヨシノが毎年開花します。明治7年開園の染井霊園にある一本一本のソメイヨシノは、江戸時代から現代に至る歴史を目撃していることでしょう。この染井霊園のソメイヨシノ桜は、お墓にお休みになられ方々を守ってきたのではと思えてなりません。


関連タグ:
カテゴリー:霊園と墓所の最新情報   最終更新日:2014年4月6日

「霊園と墓所の最新情報」の関連記事

霊園探訪:相模原市営峰山霊園は大規模公営霊園

峰山霊園の入口(相模原市)
神奈川県の北部中央に位置する相模原市。東京への通勤の便の良さから人口が増え続け、2010年には神奈川県で3番目となる政令指定都市と[...]

霊園探訪:綾瀬市営の本蓼川墓園は落ち着いた雰囲気

和型墓石が並ぶ墓所に咲くケイト(綾瀬市営本蓼川墓園)
神奈川県のほぼ中央に位置し、海上自衛隊とアメリカ海軍が共用している厚木基地があるのが綾瀬市です。その厚木基地に隣接しているのが、綾[...]

霊園探訪:藤沢市営大庭台墓園は大規模霊園

手桶、水場の一般墓所(藤沢市営大庭台墓園)
首都圏のベッドタウン、相模湾に面し湘南地域の一角を占める藤沢市にある公営霊園をご紹介します。藤沢市は、JR東海道線をはじめ小田急江[...]

霊園探訪:土浦市営今泉第一、第二霊園

土浦市営今泉霊園の水場
茨城県南部の中核都市のひとつである土浦市。豊かな水を湛える霞ヶ浦に面し、牛久沼聖地公苑があるつくば市にも隣接しています。この茨城県[...]

霊園探訪:さいたま・思い出の里市営霊園

芝生墓地から見上げる立体屋内墓地(さいたま・思い出の里市営霊園)
さいたま市には数箇所市営の霊園がありますが、その中でも大規模で積極的に募集をされているのが、さいたま市見沼区にある思い出の里市営霊[...]