霊園と墓所のトップ >>  霊園の検索 > 東京都の霊園 > 霊園探訪:都立多磨霊園 歴史を訪ねる1-政治

霊園探訪:都立多磨霊園 歴史を訪ねる1-政治家、軍人のお墓

東京都立霊園の中で最大規模を誇り、府中市と小金井市にまたがる都立多磨霊園をご紹介します。都立多磨霊園は、海外の森林墓地を参考にわが国初の公園墓地として、大正12年に開園されました。

都立多磨霊園の噴水塔(東京都府中市、小金井市)

都立多磨霊園の噴水塔(東京都府中市、小金井市)

【多磨霊園の基本情報】
霊園名:東京都立多磨霊園(公営霊園)
所在地:東京都府中市多磨町4-628
募集情報:都立多磨霊園の募集情報
関連記事:都立多磨霊園の概要

武蔵野の自然豊かな多磨霊園

都立多磨霊園は、武蔵野台地のほぼ中央に位置し、豊かな自然に囲まれた公営霊園です。霊園内はとてもきれいに整備されており、開園が大正12年であることに驚くほど現代的な公園霊園です。

東京都立多磨霊園の入口(東京都府中市、小金井市)

東京都立多磨霊園の入口

緑豊かな霊園内に長く伸びる道(都立多磨霊園)

緑豊かな霊園内(都立多磨霊園)




色とりどり様々な樹木草花が霊園を包む(都立多磨霊園)

樹木草花が霊園を包む(都立多磨霊園)

広大な霊園内にはバス停もあります(都立多磨霊園)

霊園内のバス停(都立多磨霊園)



広大な面積が故に、都立多磨霊園の園内道路には路線バスの停留所があるほどです。墓域では少ないですが、バス通りにはジョギングなどに汗を流す方も多く、公園としての利用が想定された多磨霊園ならではの光景です。

 

公園のような明るい雰囲気の霊園をお探しなら

多磨霊園に眠る歴史上の人物

現在においては西部多摩川線「多摩駅」から徒歩5分と、都心からも便利な多摩霊園です。しかし、開園した大正12年から暫くは交通の便が悪く、あまり人気のない霊園だったといわれています。都立多磨霊園が一躍有名になったのは、海軍大将東郷平八郎元帥が昭和9年に埋葬されてからだそうです。

海軍大将東郷平八郎のお墓(東京・都立多磨霊園)

海軍大将東郷平八郎のお墓

海軍大将山本五十六のお墓(東京・都立多磨霊園)

海軍大将山本五十六のお墓




日本海軍の東郷平八郎大将は、日本海軍の連合艦隊を指揮し、日露戦争(1894-1895)の日本海海戦にて勝利に導きました。また東郷元帥のお隣には、大東亜戦争の開戦となる真珠湾攻撃の連合艦隊司令長官で、1943年に南洋で戦死された山本五十六海軍大将のお墓があります。

鳥居がある西園寺公望元首相のお墓(都立多磨霊園)

西園寺公望元首相のお墓

大蔵大臣として有名な高橋是清元首相のお墓(都立多磨霊園)

高橋是清元首相のお墓

新渡戸稲造のブロンズ像(東京・都立多磨霊園)

新渡戸稲造のブロンズ像




都立多磨霊園には、歴代の首相を始めとする政治家や学者など、現代日本の礎を築いた方々のお墓が数多くあります。

西園寺公望元首相(1849-1940)
伊藤博文と共に憲法調査のためにヨーロッパを歴訪。明治末期から大正元年に第12代、第14代内閣総理大臣を務めた。最後の元老とされています。

高橋是清元首相(1854-1936)
大蔵大臣を7度務め、日露戦争の戦費調達や昭和大恐慌の対応に辣腕を振るった。第20代内閣総理大臣でありますが、ダルマ蔵相とニックネームが付けられるほど大蔵大臣として有名です。昭和11年(1936年)に発生した二・二六事件で陸軍青年将校に殺害されました。

新渡戸稲造(1862-1933)
日露戦争に勝利した日本に関心が集まった時期に留学中であった新渡戸稲造は、「武士道」を英文で出版し世界的なベストセラーになります。帰国後は台湾総督府に技師として赴任。また、拓殖大学の設立に尽力し、多くの大学で学長や教鞭を振るいました。新渡戸稲造の名は世界に広がり、1920年国際連盟事務次長に選出され人種差別問題などで活躍します。死後その功績により、五千円紙幣の肖像画(1984年-2007年)に選ばれたことはあまりにも有名です。

雰囲気の良い霊園は、お墓参りが楽しくなる

都立多磨霊園は、豊かな自然の中に歴史と文化を伝える多くの偉人たちが眠っています。今もなお多くの墓参者が訪れ、その功績に感謝し、歴史に思いを馳せていることでしょう。お墓とは時代を結ぶ扉のような役目を果たし、現代に生きる我々に希望を与えてくれるものだと感じました。

受け継がれるお墓とは何か、そのお墓を包む都立多磨霊園の雰囲気に感動した霊園探訪でした。
霊園を選ぶとき、アクセスの良し悪しや価格ばかり比較するのではなく雰囲気の良い霊園を選ぶのも末永く使う上で大切だと感じました。

 
◆特集◆ 都立多磨霊園の訪ねる
霊園探訪:都立多磨霊園 歴史を訪ねる1-政治家、軍人のお墓
霊園探訪:都立多磨霊園 歴史を訪ねる2-文化・芸術家のお墓


関連タグ:
カテゴリー:東京都の霊園   最終更新日:2015年1月16日

「東京都の霊園」の関連記事

青山霊園2015桜3月28日満開!

谷中霊園 満開の桜 2015/3/28撮影
春の明るい日差しがふりそそぎ、ソメイヨシノの桜が満開になった都立青山霊園です。撮影した2015年3月28日には、桜を愛でる多くの散[...]

谷中霊園2015桜3月28日満開!

谷中霊園 満開の桜 2015/3/28撮影
お寺さんが数多く軒を連ね下町情緒あふれる都立谷中霊園。今年(2015年)も撮影の3月28日にほぼ迎えました。29日(日)には気象情[...]

染井霊園2015桜3月28日満開!

染井霊園の桜 2015/3/28撮影
東京都豊島区にあり、JR山手線「巣鴨駅」からも近い染井霊園の桜です。2015年3月28日現在、都立染井霊園の桜はほぼ満開を向かえ、[...]

多磨霊園2015桜3月26日開花!

多磨霊園の開花した桜 2015/3/26撮影
都立の霊園の中でも屈指の広さを誇る多磨霊園は、桜のお花見スポットとして有名です。霊園で、お墓の中でお花見なんてと考える方もいらっし[...]

染井霊園2015桜3月24日開花間近

染井霊園の桜 2015/3/24撮影
桜の代名詞ともいえる「ソメイヨシノ」の発祥地、染井村があったとされる都立染井霊園です。おばあちゃんの原宿と呼ばれる巣鴨のとげ抜き地[...]