霊園の種類

霊園や墓所には大きく分けて3つの種類があります。

寺院霊園 ・・・ 仏教のお寺さんが運営する霊園
公営霊園 ・・・ 地方自治体など行政で運営する霊園
民間霊園 ・・・ 地域住民による墓所、もしくは宗教団体や行政以外の団体が
造成母体となり一定条件のもと運営する霊園

3つの形態の霊園ごとに特徴があります。お墓を建てる場所として何れかを選ぶこととなり、その形態を充分考慮する必要があります。

霊園・墓所の違い

家は一生に一度の買物と言いますが、お墓は一生に一度あるかないかの買物です。
お墓を建てる際は、少し長い時間をかけながら、霊園の運営形態によるメリット、デメリットをじっくりとご判断ください。

特徴 検討すべき点
寺院霊園
  • 信仰している宗教で弔える
  • ご自宅近くのお寺さんの墓所
  • 檀家さんであることが必要
  • 墓石デザインに制約ある場合も
  • お寺に合わせ宗旨替えが必要の場合も
  • 管理費以外にも、お布施や檀家さんとしての活動が必要な場合もある
  • バリアフリーでない場合も
公営霊園
  • 宗教(宗旨、宗派)が自由
  • 大規模霊園が多い
  • 永代使用料や管理費が安い
  • ご遺骨がお手元にある事が必須
  • ご自宅から遠い場合がある
  • バリアフリーでない場合も
  • お彼岸、お盆に大渋滞
民間霊園
(地域墓所除く)
  • 宗教(宗旨、宗派)が自由
  • ご遺骨なしの生前墓が可能
  • バリアフリーの場合が多い
  • ご自宅から遠い場合がある

上記の特徴、検討すべき点は霊園ごとに多種多様ですので、一般的に見られる状況を列挙してみました。皆様が譲れないお墓の条件があると思いますので、多くの霊園を見学されてご判断ください。

霊園についての詳しい情報は
日本霊園サービスへお問合せください。

 

将来を見据えて霊園を選ぶ

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

大きく分けて3種の霊園形態がありますが、霊園の特徴とご自身やご家族の条件を一致させることが大切です。
特に寺院霊園とは、仏教系寺院がほとんどで神道やキリスト教専用の霊園は少ないです。ご夫婦で信仰している宗旨・宗派が違う場合や、ご子息のお嫁さんが別の神様を信仰されている場合など、宗旨替えや改宗が必要となります。

最近ではお寺さんが運営する寺院霊園でも、宗旨・宗派不問にする場合が増えてきてるようですが、異なる宗教ですとかなり難しいのが現状です。

その点、公営霊園はもちろんのこと民間霊園のほとんどが、宗教の制約はなく、後の世代で改宗したとしても問題ありません。

また、霊園のバリアフリーは需要事項です。
古くからある霊園の多くは、お寺の裏山などの傾斜地や畑を見下ろす小高い丘など、地形を活かした場所に造営されています。

もし、自宅の近くに良い区画があれば購入したいと考えるでしょう。今は足腰もしっかりしているし、少しの階段ならばお墓参りもまったく問題ないと考えることでしょう。ただ将来、ずっと健康でいられるでしょうか。
車椅子や杖の助けを必要とすることもないでしょうか。お墓参りに行きたくても体が思うようにいかず、億劫になってしまうのは心の健康にもよくありません。

お墓は一生にあるかないかの買い物だということを肝に銘じ、将来を見据え、ご自身のこと、ご家族やご子息のことを考え霊園を選ぶ必要があります。



カテゴリー:霊園・墓所とは   最終更新日:2013年7月3日

「霊園・墓所とは」の関連記事

日本一の墓所、日本初の霊園はどこ?

真駒内滝野霊園 モアイ像が建つ道内最大級の霊園(北海道・南区)
とかく日本一や日本最初のモノが気になるのは私だけでしょうか。 霊園や墓地にも日本一や日本初があり、その造営には多くの人が関わり歴史[...]

世界の霊園と墓所

緑に包まれる都立青山霊園
世界でもっとも有名で古代に造られた霊園は、エジプトの王家の谷ではないでしょうか。エジプトにはピラミッドがありますが、宗教施設の意味[...]

霊園と墓地と墓園の違い

霊園・墓所の風景
なぜ最近の墓地は「霊園」「霊苑」「メモリアルパーク」という名称が多いのでしょうか。疑問に感じる方が多いかもしれません。 例えば、「[...]

改葬をする時の霊園選び

霊園・墓所の風景
改葬とはご遺骨のの引越しのことで、今あるお墓に収められているご遺骨を、別の霊園、墓地に移すことを言います。 ご遺骨だけ引越していた[...]

2つの家族が入る両家墓が増えている

霊園・墓所の風景
現代日本の少子化の問題がお墓事情にも大きく影響しています。 その代表格が両家墓じゃないでしょうか。 本来お墓は、もっぱら血縁におい[...]