霊園と墓所のトップ >>  霊園・墓所とは > 霊園と墓地と墓園の違い

霊園と墓地と墓園の違い

なぜ最近の墓地は「霊園」「霊苑」「メモリアルパーク」という名称が多いのでしょうか。疑問に感じる方が多いかもしれません。

例えば、「墓地」や「墓場」と聞くとどのような印象をもたれるでしょうか。多くが湿っていて不吉な怖いイメージをお持ちかもしれません。お化けや心霊体験などオカルト的な想像をする方もいます。

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

ご先祖様との語らいの場であり厳粛な空間であるお墓が、悪いイメージを持たれるとしたら、とても残念なことです。死に対する漠然とした不安や不吉な印象を、墓地という言葉に凝縮されたように思います。

墓地から霊園へ

「霊園」の意味は広い土地に公園風につくられた共同墓地とされ、近年造成された墓地に多く利用されている名称です。日本で最初の公営墓地の「青山霊園」は、公園のように整備されている墓地のため「霊園」が正式名称となっています。

「墓園」は法律により規定されている名称で、墓地としての機能だけでなく、緑の中での散歩や散策、休息等のレクレーション機能を持つ公園と規定されています。
都道府県や政令指定都市により「都市計画墓園」として整備され、日本初の公園墓地として多摩霊園(東京都・府中市、小金井市)が有名です。

実際、近年造成の霊園は交通の便を考慮されており、お墓参りの際に嬉しい売店や休憩室なども完備していることが多いです。

藤とつつじが咲く霊園 牛久沼聖地公苑(茨城県つくば市)

藤とつつじが咲く霊園
牛久沼聖地公苑(茨城県つくば市)

施設の要素の違いと共に、墓地に対する暗く怖いイメージを払拭し、心安らかに明るいイメージへの転換を図るために霊園やメモリアルパークなどの名称が使われるようになったと思います。

お墓参りに行くことで心豊かになり、日々の生活の迷いなどが払拭し清々しい気分になります。
その為にも墓地に対する固定観念を崩す必要があったので、「霊園」への名称の変更は大きな意味を持ったのだと思います。



カテゴリー:霊園・墓所とは   最終更新日:2013年9月26日

「霊園・墓所とは」の関連記事

日本一の墓所、日本初の霊園はどこ?

真駒内滝野霊園 モアイ像が建つ道内最大級の霊園(北海道・南区)
とかく日本一や日本最初のモノが気になるのは私だけでしょうか。 霊園や墓地にも日本一や日本初があり、その造営には多くの人が関わり歴史[...]

世界の霊園と墓所

緑に包まれる都立青山霊園
世界でもっとも有名で古代に造られた霊園は、エジプトの王家の谷ではないでしょうか。エジプトにはピラミッドがありますが、宗教施設の意味[...]

改葬をする時の霊園選び

霊園・墓所の風景
改葬とはご遺骨のの引越しのことで、今あるお墓に収められているご遺骨を、別の霊園、墓地に移すことを言います。 ご遺骨だけ引越していた[...]

2つの家族が入る両家墓が増えている

霊園・墓所の風景
現代日本の少子化の問題がお墓事情にも大きく影響しています。 その代表格が両家墓じゃないでしょうか。 本来お墓は、もっぱら血縁におい[...]

霊園、墓所の歴史

霊園・墓所の風景
霊園と呼ばれる墓所が日本に根付いてきたのはまだ日が浅く、江戸時代以前はどのような場所にお墓が作られていたのでしょうか。 農民など一[...]