霊園と墓所のトップ >>  霊園・墓所とは > 霊園、墓所の歴史

霊園、墓所の歴史

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

霊園と呼ばれる墓所が日本に根付いてきたのはまだ日が浅く、江戸時代以前はどのような場所にお墓が作られていたのでしょうか。
農民など一般庶民の多くは、自宅の敷地内であったり集落ごとに墓所を決め土葬をしていたようです。
埋葬の場所が足りなくなれば、古いお墓の場所を掘り埋葬しますので、過去のご遺骨が出てくることもあったようです。
土葬の習慣のある地域では最近までこのように埋葬されていたようです。

また、地域によっては埋葬とお墓参りを分ける「両墓制」という習慣もありました。
民俗学者の柳田國男氏の調査によれば、人里離れた山の中に土葬した場所を「埋め墓」、住居の近くのお寺などにお参りするための「詣り墓」(読み:まいりぼ)を造る地域もあったようです。

江戸時代の寺請制度(檀家制度)により葬儀や埋葬方法に仏教が浸透していきます。
具体的には戒名や火葬など、現代と同じような葬祭方法が確立されました。
お墓は、江戸を中心に寺院墓地が一般化し、当時は公営霊園と同じ役割を担っていたと考えられます。

日本の霊園の始まり

都立青山霊園の墓所内

都立青山霊園の墓所内

日本初の公営霊園は、東京都港区にある青山霊園です。霊園として開設されたのが明治7年(1874)のことで意外と新しいものです。

神道国教化を進めた明治政府は、神仏分離令(1868)を出し、仏教排斥となる廃仏毀釈が日本中に広がります。多くの仏教施設が破壊される中、当初は神道墓地として青山霊園や谷中霊園などが、開設されていきました。後に宗教の規制をなくし、市民のための公共墓地となりました。(都立霊園の詳細はこちら)

 



カテゴリー:霊園・墓所とは   最終更新日:2013年6月29日

「霊園・墓所とは」の関連記事

日本一の墓所、日本初の霊園はどこ?

真駒内滝野霊園 モアイ像が建つ道内最大級の霊園(北海道・南区)
とかく日本一や日本最初のモノが気になるのは私だけでしょうか。 霊園や墓地にも日本一や日本初があり、その造営には多くの人が関わり歴史[...]

世界の霊園と墓所

緑に包まれる都立青山霊園
世界でもっとも有名で古代に造られた霊園は、エジプトの王家の谷ではないでしょうか。エジプトにはピラミッドがありますが、宗教施設の意味[...]

霊園と墓地と墓園の違い

霊園・墓所の風景
なぜ最近の墓地は「霊園」「霊苑」「メモリアルパーク」という名称が多いのでしょうか。疑問に感じる方が多いかもしれません。 例えば、「[...]

改葬をする時の霊園選び

霊園・墓所の風景
改葬とはご遺骨のの引越しのことで、今あるお墓に収められているご遺骨を、別の霊園、墓地に移すことを言います。 ご遺骨だけ引越していた[...]

2つの家族が入る両家墓が増えている

霊園・墓所の風景
現代日本の少子化の問題がお墓事情にも大きく影響しています。 その代表格が両家墓じゃないでしょうか。 本来お墓は、もっぱら血縁におい[...]