霊園と墓所のトップ >>  霊園・墓所とは > 改葬をする時の霊園選び

改葬をする時の霊園選び

先祖代々の戒名が書かれている墓誌

霊園・墓所の風景

改葬とはご遺骨のの引越しのことで、今あるお墓に収められているご遺骨を、別の霊園、墓地に移すことを言います。
ご遺骨だけ引越していただき、墓石自体は移動しないのが一般的です。多くの場合、建立から五十年以上経過し墓石の劣化が進んでおり移築ができません。古い墓石を現在のお寺さんで供養してもらい、改葬先の霊園で墓石を新調される方がほとんどです。

現代社会の実情として、就職・結婚などで故郷を離れて生活されるご家庭は多く、遠い故郷のご先祖をご供養できず、お墓の維持や管理が困難な場合があります。

 「故郷でお墓を守る人がいない」「将来子供に受け継ぐものだから自宅近くに移したい」「お墓が遠くてお参りに行きにくい」などのお悩み事がありましたら、ご家族と改葬についてご相談してみてはいかがでしょうか?

お墓は移すことが出来ないと、お考えの方もいらっしゃるかと思いますが、役所に改葬許可申請書を提出すれば新たな霊園、墓地に引越しすることが可能です。

改葬しご自宅近くに霊園があればお墓参りしやすくなり、手厚いご供養を営めるだけでなく、ご自身も心の豊かな生活を送れるようになると思います。

改葬して身近な霊園にお墓を建てる
特徴
  • お墓参り、ご供養できていない不安の解消
  • ご子息へ引継ぎやすいお墓
検討すべき点
  • 改宗や宗旨替えが必要な場合も
  • ご家族やご親族に確認
  • ご先祖様への配慮

また、改葬を希望している方のお話で、お盆に一族全てのお墓参りに数日かかり、墓所のハシゴに毎年ご苦労されていると聞いたことがあります。このようにお墓参りの不便さからひとつのお墓にまとめる改葬もあります。

改葬でなく永代供養という選択

改装する際には、ご両親はじめご先祖様への配慮は欠かすことができません。日本人は生まれ育った土地に対し強い思い入れがあり、ご先祖様は山や里を行き来し、子孫と田畑を守ると信じられてきました。

そのご先祖様をご自身の都合でお引越しさせても良いものか、ご不安になる方もいらっしゃるかと思います。
ひとつの方法として、最後にお亡くなりになった方の三十三回忌の弔い上げを行った後に、お墓のあるお寺さんに永代供養をお願いしては如何でしょう。

お墓がなくなったとしても、永代供養墓、もしくはお寺のご本尊に手を合わすことで、お墓参りとすることができます。
またご先祖様のお気持ちも尊重できると思います。



カテゴリー:霊園・墓所とは   最終更新日:2013年8月27日

「霊園・墓所とは」の関連記事

日本一の墓所、日本初の霊園はどこ?

真駒内滝野霊園 モアイ像が建つ道内最大級の霊園(北海道・南区)
とかく日本一や日本最初のモノが気になるのは私だけでしょうか。 霊園や墓地にも日本一や日本初があり、その造営には多くの人が関わり歴史[...]

世界の霊園と墓所

緑に包まれる都立青山霊園
世界でもっとも有名で古代に造られた霊園は、エジプトの王家の谷ではないでしょうか。エジプトにはピラミッドがありますが、宗教施設の意味[...]

霊園と墓地と墓園の違い

霊園・墓所の風景
なぜ最近の墓地は「霊園」「霊苑」「メモリアルパーク」という名称が多いのでしょうか。疑問に感じる方が多いかもしれません。 例えば、「[...]

2つの家族が入る両家墓が増えている

霊園・墓所の風景
現代日本の少子化の問題がお墓事情にも大きく影響しています。 その代表格が両家墓じゃないでしょうか。 本来お墓は、もっぱら血縁におい[...]

霊園、墓所の歴史

霊園・墓所の風景
霊園と呼ばれる墓所が日本に根付いてきたのはまだ日が浅く、江戸時代以前はどのような場所にお墓が作られていたのでしょうか。 農民など一[...]