霊園と墓所のトップ >>  霊園・墓所とは > 2つの家族が入る両家墓が増えている

2つの家族が入る両家墓が増えている

霊園・墓所の風景

霊園・墓所の風景

現代日本の少子化の問題がお墓事情にも大きく影響しています。
その代表格が両家墓じゃないでしょうか。

本来お墓は、もっぱら血縁において引継がれおり、明治時代に家族制度が民法になったことにより、男系優先の一族墓が大勢となりました。
戦後の現憲法で家族制度は否定されるものの、引き続き男子重視、家長尊重の考え方は続いてきました。

両家の子孫が繁栄し、お墓の継承者となるご子息が誕生し続ければ問題ないのですが、
少子化により継承者が少なくなってきています。

そこで注目されているのは、1つの墓所に夫婦ご両家の墓を建てたり、1つの墓石に両家の家名を入れた両家墓という選択です。

両家墓
特徴
  • お墓参り、ご供養できていない不安の解消
  • ご子息のお墓参りが一箇所で済み負担軽減
  • 管理費などの金銭面の負担軽減
検討すべき点
  • 改宗や宗旨替えが必要な場合も
  • 既にお墓がある場合は改葬が必要

両家墓が必要な方

  • 一人っ子同士のご結婚で、ご夫婦それぞれの家の墓をお持ちの方(改葬)
  • お墓を継承できる孫が一人しかいない

それでは両家墓とはどのようなお墓の形態になるのでしょうか。

両家墓のイメージ:ひとつの墓石に両家が納骨。ひとつの区画に両家の墓石を建てる

両家墓のイメージ

代表事例

  • ひとつの墓石でご両家のご遺骨を納める両家墓
  • ひとつの区画に両家それぞれお墓を建てる両家墓

孫世代に重いの負担にならないよう、早いうちに両家墓の検討に入る方も増えてきており、すでに霊園でもちらほら見受けられる状況です。
少子化の中、孫(継承者)がいるだけ幸運だという言葉も耳にします。お墓を託す子や孫が一層大切に思えてくるのではないでしょうか。



カテゴリー:霊園・墓所とは   最終更新日:2013年7月25日

「霊園・墓所とは」の関連記事

日本一の墓所、日本初の霊園はどこ?

真駒内滝野霊園 モアイ像が建つ道内最大級の霊園(北海道・南区)
とかく日本一や日本最初のモノが気になるのは私だけでしょうか。 霊園や墓地にも日本一や日本初があり、その造営には多くの人が関わり歴史[...]

世界の霊園と墓所

緑に包まれる都立青山霊園
世界でもっとも有名で古代に造られた霊園は、エジプトの王家の谷ではないでしょうか。エジプトにはピラミッドがありますが、宗教施設の意味[...]

霊園と墓地と墓園の違い

霊園・墓所の風景
なぜ最近の墓地は「霊園」「霊苑」「メモリアルパーク」という名称が多いのでしょうか。疑問に感じる方が多いかもしれません。 例えば、「[...]

改葬をする時の霊園選び

霊園・墓所の風景
改葬とはご遺骨のの引越しのことで、今あるお墓に収められているご遺骨を、別の霊園、墓地に移すことを言います。 ご遺骨だけ引越していた[...]

霊園、墓所の歴史

霊園・墓所の風景
霊園と呼ばれる墓所が日本に根付いてきたのはまだ日が浅く、江戸時代以前はどのような場所にお墓が作られていたのでしょうか。 農民など一[...]